【北斗の拳7百裂乱舞のスペックと評価】北斗七星保留や赤保留の信頼度は?無双や転生と比較してどうなの?

翔助
ども!しょうすけです。本日もよろしくやっていきましょう!
翔助
今回は北斗シリーズ最新作【北斗の拳7百裂乱舞】の実践回です。

北斗シリーズは私も日ごろから北斗無双を中心にお世話になっていますので、今作も楽しみにしていたところ。

早速、導入早々に実践をしてきたわけなんですが…。

翔助
正直、今作のスペックを見て「北斗無双」の方が良くね?…て思った人。少なからずいるんじゃないでしょうか?
翔助
ぶっちゃけて言うと、スペックだけで言及するなら私も同じ意見です。(*´Д`*)

でも、それはあくまでも機械設計の話であって、実際に実機を触って直接打ってきた人間の感想としては「なんだ〜!やっぱりいつもの北斗じゃん!」って、いい意味で少し少し安心しました。

私は、パチンコオンラインスクールで学ぶ立ち回り方法に基づいて現在は稼働していますが、スペックがどう変わろうが規制がどう変わろうが、パチンコ屋さんで勝つ方法は変わりません。

 

 

今回の実践もこちらの結果となりました。

20000発って表記が出てますが、打ち込み玉を差し引くと15000発程度の出玉回収に成功です。

 

前半はこの台の「ここが面白いよ」って話。

後半は「この台で勝つ為に」って視点から書き起こしていくので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

では、参りましょう!

北斗の拳7百裂乱舞のスペック!〜小当たりRUSHの「百裂乱舞」に出玉性能がギュッと凝縮!〜

1/319で大当たり。内、65%で確変ループのバトルスペックです。

この台の右打ちには「乱舞」と「百裂乱舞」という2つのモードが存在します。

  • 「乱舞」…内部的に確変か通常かわからない右打ち。
  • 「百裂乱舞」…確変状態が確定+小当たりRUSHが付いてくる右打ち。ガンツや仕事人でおなじみの、確変中にハマればハマるほど出玉が増えるアレです。(楽しいやつです。)

確変が確定する「百裂乱舞」には「百裂乱舞ボーナス」を引き当てることで突入します。

通常時確変中を問わず、どこからでも「百裂乱舞ボーナス」を引けば「百裂乱舞」に突入できるのはポイント高めですよね。

 

この台の出玉性能は、ほぼこの「百裂乱舞」に集約されているといっても過言ではありません。

言い換えれば、この「百裂乱舞」にねじ込めない限り、延々と確変から落ちるまで、6ラウンドのショボい出玉(400発程度)をチマチマチマチマ…積み重ねて出玉を増やすしかありません。

 

翔助
「甘デジかっ!」って突っ込みたくなりますね。笑

こうなってしまうと展開としては最悪です。

まず勝てません。

 

何より、この台で出玉を重ねる為には、まずはこの「百裂乱舞ボーナス」当選を目指して頑張りましょう!

 

獲得出玉は無限大!?百裂乱舞の魅力!

百裂乱舞中はハマればハマるほど出玉が増えるシステム「小当たりRUSH」です。

消化中は不定期でバトル演出に発展しますが、ここでケンシロウが「バトルに負けるまで」モードが継続します。

ケンシロウがバトルに敗北するのは、内部的に2ラウンドの大当たりの振り分けを引いた時。なお、バトルに負けたからといって必ずしも通常に転落するわけではありません。

 

ここでバトルがクソ強いケンシロウ様だと、相手の奥義攻撃すらも飛び蹴りで一掃してくれます。

(まぁ、ケンシロウが、強いかどうかはあなたのヒキ次第ってことになるんでしょうけども。)

 

バトル演出はほぼ北斗の拳7転生のシステムを採用してますので、チャンスアップのパターンはおなじみかと。

 

要は、「バトルで勝ちまくって出玉を伸ばしてくださいね」ってゲーム性は歴代の北斗シリーズとおんなじですね。

 

結局、歴代の北斗シリーズと比較してこの台は勝ちやすい?勝ちにくい?

翔助

冒頭にも書きましたが、歴代の北斗シリーズと比較して結局この台は勝ちやすい台なのか?勝ちにくい台か?って話です。

今作も歴代と一緒です。

今回「も」勝ちにくい台です。

翔助
今でこそ、北斗無双のスペックは優秀だと言われていますが、リリースされた当社の事をお話しすると、どちらかといえば「ビミョー」な評価だったのはご存知でしょうか?

 

北斗無双のデビュー当初は旧MAXタイプがまだまだ現役で、ホールの中心機種として君臨していた頃でした。

 

言うても、たかがミドルタイプのST機である北斗無双に、リリース当初からものすごく注目が集まっていたか?というと、決してそんなことはありませんでした。

 

むしろ逆で

「は?50%でしか確変行かねーの?」

「これ打つなら牙狼打つわー。」

「MAX機でよくね?」

もっぱら、当初はこういう評価でした。

要は、さほど注目されてなかったわけですね。

 

 

翔助
ところが、MAX機の撤去が進んで以降どうなっていったのか?

継続率に65%の上限を取り決められた新内規の機種がメインに出回るようになり、北斗無双の評価は一変しました。

 

それまでの非難なんぞ、どこ吹く風。

「北斗無双が一番や!」と言わんばかりに顧客の注目が集まり、ホールの人気機種となり、全国のホールで次々と増台されていきました。

当初はユーザーも注目していなかった北斗無双のスペックが「マシな方」だと徐々に認知されるようになっていきました。

 

内規が変わり、ホールの環境が変わり、機械が変わり、ユーザーの打てる機種が変わったので、比較的機械設計の優秀な北斗無双に注目が集まったのは、当然の結果かもしれません。

 

「機械が変わった!じゃあ、その中選べる機械の中でマシな機械はどれだ?」

それが、北斗無双やクイーンズブレイド、怨み屋本舗といった「準新基準機」とも呼べる機械だったわけですね。

 

ここでポイントなのが「結局、北斗無双のスペックが、リリース当初に注目されていなかった通りに、全然ダメだったのか?」

ということです。

 

 

北斗無双、全然ダメじゃないですよね?

 

むしろ、ミドルタイプのくせに平気で旧MAXタイプにも匹敵する5万発以上の出玉を1日で吐き出す事もありますよね。

 

表面上のスペックだけを見てワーキャー騒がれていた頃は、こんなにマシンポテンシャルのある台だということに、実績があったにも関わらず、全然注目されていなかったんです。

 

これ、おんなじ事が新基準機にも言えます。

 

つまり、どういうことか。

規制が厳しくなって、スペックが落ちたから、出なくなったんじゃありません。

 

北斗無双だって、規制の縛りを受けてスペックダウンしてるんです。

それでも、蓋を開けて稼働させてみればこれだけの実績がある機械でした。

新基準機は、そこから更に強く規制の影響を受けています。確かにスペックはダウンしています。

 

が。実態はどうなんですかねぇ?

…っていう話です。

 

北斗無双も当初はスペックという「うわべ」で判断されており「こいつめっちゃいいやん!」と思われているような機械ではありませんでした。

稼働させて見なきゃわからない事って、往々にしてあるんですねぇ。。。

 

あなたが北斗シリーズで勝てない、勝ちにくい理由

ここまでお付き合いくださり、本当にありがとうございます!

もしも、この記事をご覧のあなたが、この台で問題なく勝てていないとしたら…。。

 

それは「この台がダメだから」ではなく、「この台が北斗無双と比べて劣っているから」でもありません。

 

あなたの「立ち回り方」に問題がある可能性が非常に高いです。

現に、パチンコオンラインスクールで学んだ生徒さんは

上手にパチンコ屋さんで立ち回る事でトータル収支をプラスにしている人達が何百人といます。

 

あなたのトータル収支はマイナスになっていませんか?

それを全部機械のせいにしてはいませんか?

(何事も結果を変えたいと願うならば、まず自分が変わらないと上手くいきませんからね。(´・ω・`)

 

では、今日はこの辺で。

ではまた!

 

友達追加はこの下からお願い致します!


公式LINE@】

友達追加はこちらのバナーをタップ!友だち追加

登録で得られる

あなたのメリット2つ

  • パチンコ・スロットには勝つために必須の知識があることが分かる
  • 負け込んでヤバい、今のあなたの現状を変えるキッカケになれば幸いです。

(詳しくは、LINE登録の後で!)

※注意(最後に)※

真剣に勝ちたい方のみご登録ください。

 

パチンコ・スロットで

勝ちたければ

「考動」しましょう!

 

一緒にパチンコ・スロットの立ち回り方から

見直していきませんか?

 

↓画像タッチでホームに戻ります↓


にほんブログ村 パチンコブログへ