パチンコのヤメ時のベストってあんの? あらゆる考えを巡らせた結果…

パチンコのヤメ時に正解はあるんでしょうか?

パチンコユーザーの永遠の悩みかもしれませんね。

 

 

 

「あの時にヤメておけば・・・」

 

という後悔は、少なからず誰しも経験があるでしょう。

 

今回の記事は、そうなる前に。そうならないように。

また、こういう後悔を繰り返さない為にも。

 

自分の中で明確な「ヤメ時の基準」を持つことの重要性と、

「なるべく損をしない」ヤメ時の捉え方について記して参ります!

 

今回も、どうぞよろしく!

パチンコの「ヤメ時」について考える前に

一口にパチンコのヤメ時といっても、人それぞれ

  • 稼働できる時間
  • 用意している軍資金
  • パチンコに対する基本的な考え方
  • 好きな打ち方のスタイル
  • 好きなスペック(機種)
  • お店の営業形態(交換率)

ざっと挙げるだけでも、これだけの稼働環境の違いがあります。

 

さらに、これらに加えて

こだわりが強い方、コアな方になってくると

  • ボーダー回転数
  • 連荘状況やハマり状況
  • 過去の大当たり推移
  • 波理論 etc...

 

などなど。

 

一般的に「えっ、当然でしょ!」と思われているモノから

 

中には、「それって必要?」とも思えるような事柄も加味して

 

総合的にヤメ時を判断する方もいらっしゃいます。

 

 

 

要するに。。ですよ。

 

予め、先に言っときます。

これらをひと纏めに総合して論じようとすると。

 

 

 

すごく、カオスな問題です。

(それ、遊戯王のカオスなっ!)

 

 

…。。。

しょーもない、悪ふざけはさておき。

 

「そんなんじゃぁ、まとまるモンも纏まらんわいっ!」

 

っちゅうことで。。。

 

お伝えする人物像を限定し、ハッキリさせた上で

今回の記事も書かせていただきます。m(_ _)m

 

今回の記事では、該当する方が多いであろう

仕事終わりや仕事の合間、土日休みの稼働がメインの方を想定してパチンコのヤメ時について書きます。

(よろしくっ!)

 

それじゃあ、以上を踏まえて、本題にいきまっしょい!

 

パチンコにおける、より良いヤメ時とは?

 

(※あくまでも、対象が今回のような方であればですが)

 

結論から申し上げると、

 

 

「大当たり後、即ヤメ」

「予算オーバーでKTK(帰宅)」

 

コレが一番セーフティーでベター。安全なんじゃないかという考えです。

 

 

もちろん、ボーダー理論や換金率などを考慮したうえで

「条件によっては続行すべき」という

一般的な見解があるのは承知の上で、もう一度言います。

 

 

コレが一番セーフティーでベター、「安全」だというのが、私の意見です。

 

 

ただし、勘違いしないでください。ベターなだけです。

これではまず勝てません。ただ「安全なだけ」です。

冒頭でも言った通り「なるべく損をしないだけ」です。

 

 

残念ながら、私も考えたのですが、毎回ベストな選択肢を取るのは、ほぼ無理ゲーです。。。

(「パチンコの本質」をちゃんと理解している人を除いては。。)

 

ですが、ベストとまではいかなくても。よりベターな選択肢は、遂行できる可能性があります。

 

そのベターな方法が、やっぱりコレ。という見解です。

 

明確な「ヤメ時の基準」を持っておくことの重要性

 

無策にパチンコ稼働をしていると、様々な場面に直面します。

 

  • 準備していた軍資金の範囲内で、何も起こらないor何もできなかった時。
  • 座ってスグに当たってくれて、投資額にムッチャ余裕が出来る場面。
  • 天使みたいな隣の人が、確変の台を譲ってくれた。(!)
  • 最後の1000円で激熱リーチを外した…。。orz

 

とにかく、ギャンブルのパチンコ稼働はドラマが尽きません。m(_ _)m

 

ですが、その時々で、その時に芽生えてしまったり、抱えてしまった感情と闘いながら。

 

私たちはいつも、すっごい難しい「ヤメ時」の判断を迫られるワケですよね?

 

 

でも、判断の根拠となる「材料」が、スロット違ってパチンコには無い。薄い。

(正確には無い訳ではないのです。。。)

 

 

よって、然るべくして、多くの人が明確な根拠を得る術もなく。

 

 

「…どうしよう。。。」

 

と悩むのが、パチンコのヤメ時の厄介な悩みのタネなんですよね。

 

 

 

ある時は、ふつふつと心の底からにじみ出てくる悔しさ。

 

ある時は、まだ戦えるという余裕綽々。

 

 

正直、毎回ちゃんと正常で公平なメンタルをもって

 

続行or撤退 のジャッジが出来る人。

って、すごく少ないんじゃないでしょうか?

(私自身だって、POSでパチンコの本質・立ち回り法を学んでいても、難しい問題だと痛感する時はあります。)

 

 

そんな状況がゴロゴロとしているのが、普段私たちの過ごしているホールでの出来事です。

 

 

それでも、そんな中でも。

 

 

私たちが少しでも勝率を上げたり。

 

あるいは極力傷を浅くし、ロスを最小限にしていくためには。

 

ベターなヤメ時の選択肢を、なるべく多く掴み取っていかなければならない事

容易にお分かりいただけると思います。

 

 

再現性高く、ベターなヤメ時をあなた自身の手でもぎ取っていく為には

やはり、何らかの明確な基準が必要になってくると思いませんか?

 

ヤメ時を考える上で大切なポイント(パチンコ)

では、ヤメ時を考えるうえで、本来着目すべきポイントはドコなのでしょうか?

 

 

ヤメ時のベストは、あなたが稼働したその日の中で

「一番お金を持っている瞬間」に焦点を当てて

意識をすることです。

 

当然っちゃ当然のことですね。これは、算数のおさらいのような話です。

 

一方で、では、実際にあなたがヤメ時を意識することが多いシーン・場面を考えてみましょう。

どんな時でしょうか?

 

 

  • 大当たり後、一定の回転数をフォローした後(まとまった出玉を少し飲ませた後)
  • アツい演出を外した後
  • 特殊な演出モード中

 

現実問題、ヤメ時を意識する場面といえば、上記のようなシーンが多いのではないでしょうか?

 

実際に稼働してみると、勝ち額のMAX値である「一番お金を持っている瞬間」ではなく

「一番お金が目減りしない・傷が浅くすむ瞬間」を目指して

ヤメ時を判断していませんか?

 

 

「どうすっかなぁ。もう少しだけ出ないかな。続けてみようかなぁ。」

「ちょっとネットでも調べてみるか。」

「後に座った人に出されても嫌だしなぁ。。。。」

 

 

これでは、いけません。

紛れもなく、大当たりの直後が一番あなたの手元に一番多くお金が残っている瞬間です。

 

当たり前のことですが、一度自分が手を付けた台を手放す以上は、どんな台でも後に出されるリスクは背負うもんです。パチンコの本質を知らずに、無策にパチンコを打つとは、そういう事ですからね。

 

パチンコのヤメ時でベストな選択をするために必要なこと

考えに考えたのですが、ベストなヤメ時を常々選択していくためには

どうしても「パチンコの本質」を正しく理解しているのが前提条件として必要になってきます。

 

「パチンコの本質」を理解し、それをメソッドとして稼働して立ち回る方法も、今のご時世。あるにはあります。

 

ですが、秘匿性も高く、学校で学ぶようなものなので、一般的に出回ることが少ないのがミソです。

(理由は単純で、今のあなたのように、大半の人が「怪しい」と決めつけて、近寄らないためです。)

 

最後に

多くの人が、一向にパチンコで思うように収益が上げられないでいる一番の問題は

ご自身で「考える」機会すら奪われているのでは。。。と私は思っています。

 

 

なんであの頃、理論上勝てるはずの台で全然勝てなかったんだろう?

勝てる理論なんじゃなかったの?

俺の引きが悪いだけか…?

 

疑問に感じたのなら、少し調べて、自分で見れば。

何がリアルで、何が真実か。

賢いパチンコユーザーの方なら、もれなくチェックしに行くはずなんですけどね。

 

良くも悪くも、日本人らしく慎ましいというか。。。気質的に同調意識が強くて、右へ倣えをしやすいというか。。。。

 

もちろん、良い面なんですけどね!

 

こと、「何かを変える」という事に関しては、ちょっといい方向には働かない気質だなぁ。。

とも思う次第です。。

 

戯言はさておき。

そのメソッドに即して稼働した実例は、私の稼働実績記事や、私達POSの受講生の稼働実績をご覧いただければお判りいただけると思います。

(興味があれば、下のRecommend記事からご覧いただけますので、お調べくださいね。)

 

最後になりますが

ここまで記事を読んでくださったあなたには、お話しますが。

 

私はかつてボーダー理論を参考にして、5年ほどパチンコをメインに立ち回っていた時期があります。

 

当時は、「パチンコの本質?なんじゃそりゃ?」って感じで。頭にハテナが浮かんでいました。笑

 

当然、いつもどーりに、ボーダー以上っぽい台を探しては

引っ付き虫のようにタコ粘りして、稼働し続けていましたね。

 

その頃の私の考えは、パチンコのやめどきといえば

  1. ボーダーを大きく超える台か?
  2. 超えていれば、閉店まで全ツッパ

 

ですが、あの理論は、膨大な試行回数(何十万回転という桁です)を前提としている代物ですよね。

私も実際にそれが「勝つ方法」と信じて立ち回っていた時期もありましたが

ありゃー、茨の道ですよ。どっちかって言えば、やるんじゃなかった。笑

プラスで追われたけど、後味が悪いものでした。。というか、もうやりたくない。。泣

 

(詳しくは、こちらの記事を参照)

ボーダー理論で勝てない理由・原因の根本は?成果が上がらないのはなぜ?

ほいじゃまた!バイバイ!


公式LINE@】

友達追加はこちらのバナーをタップ!

友だち追加

お問合せ・ご質問は

こちらの公式LINEより承ります

登録で得られる

あなたのメリット3つ

 

①パチンコ・スロットには、勝てる立ち回り方があることが分かる

②「次元の違う稼ぎ方をする」人たちと、コンタクトがとれる。

負けてヤバい今のあなたの現状を変えられるキッカケに。

(詳しくは、LINE登録の後で!)

 

※注意(最後に)※

勝ちたければ「考動」するのみです。

一生「そのまま」でいいという人は、断言しますが、一生そのままです。

 

一緒にパチンコ・スロットの立ち回り方から

見直していきませんか?(^^♪

 

「勝てるようになっちまえば、こっちのもんですから!」

 

↓画像タッチでホームに戻ります↓


にほんブログ村 パチンコブログへ