パチンコでボーダー理論と出会っちゃった結果!なんかコレ違う?

「はじめてのぱちんこ」での大勝ちから一転。豪快な負けっぷりを経験し、パチンコの洗礼をうけた翔助。

悔しさからパチンコで勝つ方法を探すようになり、そしてボーダー理論と出会います。

「これで、パチンコで勝てる!」

こうして、ボーダー理論を基に立ち回るようになった1人のオトコがいた。

このオトコが、陥った結末とは?

 

※前回の記事を読んでいない方は、こちらの「パチンコにハマっちゃったオトコの末路」へ

 

 第3話 「なんか、ちがう!」

ボーダー理論と出会った翔助

「これで、勝てる。(ムフフ)」

 

ネットで見つけたボーダー理論を、すぐにでも実践してみたい思いで翔助はウズウズしていた…

(興味が湧いたものは、すぐに試してみたくなっちゃう性分なんだよねぇ。笑)

…しかしながら、残業の日々が続く日々。

高ぶる気持ちとは裏腹に、実践はしばらく「おあずけ」が続くのであった。。。

 

そんなフラストレーションが溜まりに溜まった仕事休みの前日がやってきた。

その日も残業で帰りが遅かった。

 

「くそー今日も打てなかったなぁ。。。」

悔しがる半面、明日こそは…と心を切り替える。

翌日の休日を楽しみにしながら、その日は早々に寝床へ着いた。

(まるで遠足前夜の子供である。)

 


翌日。仕事休みの休日、当日。

普段、仕事の準備で起き始める時間よりも、はるかに早い時刻に目を覚まし、朝の支度を整えていた。

 

「パチンコでボーダー理論を試してみたい。」

その思いから、ものすごく鼻息を荒くしていたのだ。

もうすでに、朝イチからパチンコ屋に並ぶ気マンマンだ笑。

支度を早々に終わらせ、車を走らせる。パチンコ屋へ到着するや否や、自分と同じように、開店を心待ちにする人たちが既に列をなしていた。

まだまだ空きが多い駐車場に車を停める。外へ降りると、早朝の痛いほどの冷気が身を包む。

寒空の中、コンビニで買ったホットコーヒーをすすりながら、開店を心待ちにする翔助であった…

 

はじめてのボーダー理論実践

入場が始まった。続々とライバルたちがスロットコーナーへ向かうのを尻目に、我先にパチンココーナーへと向かう翔助。

 

お目当てのコースに、無事とーちゃく。

 

さて。

パチンコ台の釘をじーっと見つめ、開いている台を探そうとするが…

・「…あかん。どれが開いてるか全然わからん。。。笑」

結局、少しだけ釘が開いている(ような気がする)台を選んで、着席。

台を選んで座ったはいいが

「何回転回ればいいのか」分からないことに、ここで気付く。

・「この台のボーダーは…?」

文明の利器、スマホを駆使して今更になって調べ始めるしょうすけ。

(事前に調べとけやっ!)

・「良く回る場所。。。良く回る場所。。」

もう、自分でも信じられないくらい、あたふた実践である。笑

 

ボーダーラインの次は、ハンドルの微調整で苦戦。

ハンドルをこねくり回しながら、狙うポイントをころころ変えてみては、良く回る(気がする)場所を探した。

・「えっと、、500円使い切って、、、何回、回ったっけ??」

500円ごとの回転数をスマホのメモに移しながら、その日はパチンコを打ち続けることにした。

(結局、5000円ごとにメモを集計。1000円当たりの回転数が下回っていれば台移動。上回っているうちは続行。はじめてのボーダー理論の実践は、このような立ち回りにたどり着いていた。)

 

結局、終始自分でも信じられないくらい、落ち着きがないドタバタ実践だった。笑

(ちゃんと勉強してから打てばいいものを。。。ねぇ?)

 

はじめてのボーダー理論を実践した結果

…と、ご覧の通り、私の初めてのボーダー理論での実践は、理論をろくに理解していないまま打ちにいってしまっていたのであった。。。

単純に、負け越していたので、「パチンコで勝つこと」に焦っていたのだ。

  • パチンコ屋さんは年中空いている。
  • 打たないからって、パチンコ屋さんが明日潰れるわけでもない。

こういう、余裕を持った考えを、当時は持てていなかった。

「とにかく、知った情報を早く試してみたい。」この気持ちばかりが先走っていた。

 


気がつけば、既に夜になっていた。

この日の実践は、閉店間近に終了。その日の夜、家路に着いた翔助は浮き足立っていた。

 

初めてのボーダー異論の実践の結果は。。。

勝利であった。

この頃はまだ収支表をつけていなかったので、正確な勝ち額は覚えていないが、なんだかんだ10,000発程度を回収できていた。

舞い上がっちゃって、帰り道の途中、ちょっと奮発してコンビニでプレミアムモルツとおつまみを買っちゃったりもした。笑

とにかく、ただただ勝利の余韻に浸っていた。

 

「これ、勝てるじゃん!」ボーダー理論で立ち回ることを決意する

ここでまた、初実践で初勝利を手にしてしまった。甘い蜜を味わってしまった翔助。

 

それからというもの、ますますパチンコに夢中になっていった。

休みの日があれば、気が付けばパチンコ屋で過ごすことも多くなっていた。

当初のパチンコを毛嫌いしていた人間の名残は、もはやキレイさっぱり無いようだ。

むしろ、どちらかと言えば、足しげくパチンコ屋さんへ通い詰める様になった…

いや、ヘビーユーザーと化した翔助の姿がそこにはあった。

 

また、あんなに最初はドタバタ実践だった私ですら、経験と知識も実践を重ねるごとに増えていった。そのころの全盛期の収支がこちらである。

 

収益が50万を超えていたこの頃がピークだった。

この頃の私が最も、完全にパチンコをナメていた瞬間でもあった。

(なんだかんだ、我流で結果が出てしまっていたのである。)

 

こうなってしまうと、もう、天狗である。

自分がやっていることは間違っていない。絶対にあっていると、思い込んでいる状態になったのだ

 

こういう時の人間の心理がとても危険で、「余裕」とあぐらをかいた人間はどうなるか、想像に難くない。

 

「反省」をしなくなるのだ。

傲慢になり、自分のやっていることは間違っていないと思い込む。

これがどんなに愚かなことか、このブログをご覧のあなたには説明するまでもないと思うが。。

まさに愚の骨頂である。

 

やがて、この慢心が自分を陥れることも、つゆ知らず。

翔助は相変わらず、自分は正しい(勘違いなんだけどね。)と思い込み、

ボーダー以上の台をみつけては、サンドに諭吉様を次々と

生贄に捧げ続ける稼働が続くのであった。。。

(何名様の諭吉を、ホールへご奉納したのやら。。。今改めて考えると、ものすごくゾっとするけどね…)

 

我流でボーダー理論(?)を続けた結果、転落劇が始まる

さて、言わずもがなですが、そんな好調は長く続きませんでした。

最高ピークからの急降下!

画像を2枚、ご覧あれ。

  • 収益のピーク時
  • 「慢心」して反省をしなくなった、1年後の収益

1年間の収益 ▲305,700円

とんでもないレベルの、マイナス収支を起こし始めた!!

 

…本当におバカな話なんですが、ここまで負債を増やして

ようやっと、「アレっ?おかしいな。。」って、思い始める翔助。

勝つ立ち回りをやっている「ハズ」なのに。なんでこんな、負けてるんだ?

 

「ボーダー理論(?)」に対して違和感を感じ始める

 

このとてつもない年間収支でのマイナスが

今まで自分がしてきたことを振り返らせる「キッカケ」になった。

 

ここでの振り返りが、私がボーダー理論に疑問を持った瞬間だった。

私のパチンコライフ史上、2回目の転機がやってきます。

 

1回目がボーダー理論と出会った時。

そして2回目、自身の陥った結果に疑問を持った「この瞬間」である。

 

 

あーでもない。

こーでもないと。

脳みそを捻りながら、悩みます。

 

すごく悩みました。

 

・自分がやってきたことで得られた結果は、たまたまのマグレだったのか。

・でも、実際に成果が上がった期間もあったのも事実だった。

この、すれ違う二つの出来事に、相当頭を悩ませた。

 

そうして悩みに悩んだ末に、私の中でボーダー理論に関して「思うところ」が出てきた。

 

【ボーダー理論を実践して、思うところ】

  • 一日中ぶん回すことを前提として勝負する理論であること。これ、もっと短時間で、達成できる方法はないのか?
  • 1人で期待値を掴み取るには、とんでもない量の稼働が必要なのではないか?

ざっくりとまとめると、こんな内容の疑問である。

 

「んーーー。。。」

「俺、パチンコで、稼ぎたいんよねぇ。勝ちたいんよねぇ。。。」

「もっと短時間で、稼ぎたいんよねぇ。。。」

 

こういう風に考えていった結果。答えはこうなった。

 

「なんか、コレ、ちがうんじゃね…?」

「私がやりたいパチンコで勝つ方法って、こんなんじゃない!」

 

補足ですが、厳密には、私がやっていたのは、

ボーダー理論による立ち回りではなく

ボーダー理論を「参考」にして

良く回る台をちょっと打っていただけであった。

※この時の私は、まだ気づいていません※

 

こういう考えにまとまったのでした。

この疑問が、やがて「よしきち」先生と出会うきっかけに繋がっていくのですが、それはもうほんの少しだけ先のお話。(´・ω・`)

そんなトントン調子で上手くいく、なんてこともなく。ここからパチンコで勝つ方法を探し回る迷走時期に突入していきます。笑


次回、【翔助のパチンコライフ 第3章】

【パチンコで勝ちたいのにうまくいかない。色々な方法を試した結果…】

パチンコで勝ちたいのにうまくいかない。色々な方法を試した結果…


初めてのパチンコで大勝しちゃった人の末路&心情

パチンコはビギナーズラックで勝てる?答え:なんか勝てちゃいました

 

↓画像タッチでホームに戻ります↓


にほんブログ村 パチンコブログへ