パチンコ・スロットでノリ打ち、連れ打ちって実際どうなの?やるべき?

今回のテーマは

仲間内でワイワイと一緒に打つ「連れ打ち

出玉を共有して収支を折半する「ノリ打ち

このテーマについて触れていきます。

 

ノリ打ち・連れ打ちとは?

 

ノリ打ちとは複数人でパチンコ・スロットを打ち、ノリ打ちをした人たちで収支を折半することを指します。

 

みんな勝てれば、ウハウハですね。みんな幸せ。みんながハッピーです。

勝った人が多いなら、負けた人の分の支出を賄うことができます。

負けた人が多いなら、負け額を折半するので一人当たりの傷は浅くなります。

もしも、みんな負けたら…ご愁傷さまというか。。目も当てられませんが。。。

 

つまり、集団でパチンコ・スロットを打つことで、期待値のある台(一般的に釘の良い台、高設定な台)を掴める確率を高める。試行回数を増やすことで結果を安定させる。

その手段としてノリ打ちは行われることが多いです。

 

一方、連れ打ちは、複数人でパチンコ・スロットをワイワイ打つこと

ノリ打ちのような収支の折版は行わず

ただただ、仲間内で楽しくパチンコ・スロットで時間を過ごすことを重視するのが連れ打ちです。

 

まとめると

ノリ打ち=集団で収支を分け合うこと

 

連れ打ち=集団で楽しさを追求すること

となります。

 

 

ノリ打ちのメリット・デメリット

 

メリット

  • 一人で挑む時よりも、より多くの投資金額を用意できる
  • 普段よりも仲間のために投資感覚がシビアになる
  • 期待値のある台を掴める確立が上がる。結果が偶然に左右されにくくなる。

デメリット

  • 仲間内の関係性の悪化(勝ち額が大きい人ほど折版金額が増えるため)
  • 信頼できる人でないと実施できない(信頼関係がないと折半してもらえる確証がない)

 

余談ですが、ノリ打ちをする上では、利害関係が生じるので

ノリ打ち時のルールを、仲間内で事前に取り決めておくことが大切です。

(皆が納得できる折版のルールをあらかじめ用意しておかないと、トラブルに繋がりますからね。)

 

(例①)ノリ打ちの折版の例(勝ち額・負け額を均等に振り分ける場合)

それぞれの勝ち額

Aさん +10万

Bさん +4万

Cさん -8万円

ノリ打ちの計算式 (10+4-8)/3=2

収支の結果:(全員の収支の平均)

1人当たり +20,000円

 

10万勝ったAさん、大きく勝ち分が減って少しかわいそうですね。

半面Cさんは、激しく打ち散らかしたのにプラスになっちゃいました。笑

 

 

(例②)ノリ打ちの折版の例

(それぞれ勝ち額の半額は担保され、残り半分を均等に振り分ける場合)

Aさん +10万

Bさん +4万

Cさん -8万円

分配金の計算式 (10/2)+(4/2)+ 0 / 3≒2.3(万円)

 

結果:(担保金+分配額)となるので

Aさんの場合 50,000+23,000=+73,000(円)

Bさんの場合 20000+23,000=+43,000(円)

Cさんの場合 (-80,000)+23,000=‐57,000(円)

 

(仲がいい友達同士でノリ打ちをするなら、こういう風に少し工夫した方が、友情に亀裂が起きにくくなるかもしれませんね。汗)

 

 

このように、取り決めたルールに応じて

いろんな折版の仕方ができます。

 

負けた時のリスクヘッジも、ノリ打ちのメリットですので、投資額に上限ルールを加えてマイナスを増やさないようにするのもアリですね。

 

 

連れ打ちとは?メリットとデメリット

 

メリット

  • 楽しむパチンコ、スロットをする上で良い選択肢

デメリット

  • ただの趣味打ちでしかない。
  • 勝ち負けが度外視されがち。Out of the 眼中.

 

連れ打ちは、私も会社の同僚・上司とたまにやることがあります。

 

面白いんですけどねー。

まぁ、負けますよね。笑

 

特に、何も考えずに並んで打つとか最悪ですよ。やるだけマイナスが増えます。

お互いに止めないと帰れず、やめどきが曖昧になりズルズルと投資が長引きやすいんですよね。

(待ってる間、打たなければいい話なんですけどね!)

 

ノリ打ち・連れ打ちは、やるべきかどうか

 

さて。ここまで色々と書いてきましたが、

結論、やるべきではないです。

それでも、やるなら自己責任ですね。

 

「何で自分の勝ち分を人に分けないかんの?」

とか、そういうことではなくて。

 

集団で打つことで侵すリスクも考慮すると、やった方が良い!という結論にならない。

こういう意味です。

 

・やらない方が良い理由①

ノリ打ちは思ってる以上に危険が伴う行為だからです。

特に、「試しにやってみようぜ」的な軽い気持ちでのノリ打ちはすごく危険

こういう安易なノリ打ちの場合、目的がズレちゃって良い結果を生まない場合がほとんどです。

 

勝ってるけど、どうせ折半されるしなぁ。打っちゃえー!とか。

負けてるけど、あいつから分けてもらえるしいっか!続行!!

とかですね。

 

結局、勝っていても負けても、天邪鬼な思考が出て来るので

目的を事前にはっきりさせていないと、逆効果ですし、やる意味も薄れるんですよ。

 

 

じゃあ、「勝つため」と目的をはっきりさせればいいのか?

それも違います。

 

やらない方が良い理由②

ノリ打ちは、勝つための立ち回りというよりも、負けた時のリスクヘッジの側面が強い。

 

考えてみて欲しいんですが、

なんでわざわざ、自分の勝ち分が減るような「折半」という選択をわざわざするんですかね?

 

折半をする理由。

それは、少ない思考回数では安定しない収支を安定させるためであり、負けるリスクも想定しなければならないからですよね?

勝てる前提がないから、こういう立ち回り方、発想法が出て来るわけです。

 

つまり、ノリ打ちは、勝つための立ち回りというよりはむしろ

「負けにくくするための立ち回り」の延長という表現の方が適切です。

 

そんな、ちまちました選択をするよりも

POS(パチンコオンラインスクール)という、パチンコ・スロットで勝つための理論があるので

私だったらソッチを選択しますね。って事なんですよ。

 

 

一方、連れ打ちは、先ほども記載しましたが

相方待ちが発生する手前、やめどきを見失いがちになります。どうしてもズルズルと打ってしまいがちです。

 

結果、投資額がふくらみ負けることに直結するので、お勧めしかねます。

 

今回のまとめ

 

ノリ打ち、連れ打ちにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

もっとも、

上記の理由により、やるだけ無駄。何ならやらない方がいい。

というのが私の意見ですが、

それでも、一つの楽しみ方として選択するのであれば、引き止めはしません。

(だって、楽しむことがあなたの目的なら、私のこの意見は総崩れになりますからね。笑)

あくまでも、「勝ちに行くなら」という前提で話しておりますので、ご理解とご了承を!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ここまで読んでくださりありがとうございます!!

パチンコ・スロットで勝つことに本気で興味があるあなたへ

パチンコ屋で「勝ち続けている人たち」がいるのをご存知ですか?

【いつだって、今の自分を変えらるのは、今の自分の行動のみ!】

翔助(しょうすけ)公式LINEを友達追加して

「パチンコ・スロットの勝ち組」と交流してみませんか?

※あなたの、パチンコに対する常識が覆る恐れがあります※

友だち追加

お問合せ・ご質問は、こちらの公式LINEより承ります!

 

↓画像タッチでホームに戻ります↓


にほんブログ村 パチンコブログへ