規制でパチンコは出ない・勝てない様になった?新基準機で勝つ方法

公安「悪いことをするパチ屋は、お仕置だべっ!」

 

 

…冗談という話でもないみたいですよ。これ。

パチンコ業界は今、規制ラッシュと言って良いでしょう。

 

「はて?何のこっちゃ?」というあなた。

何も知らないよりは、頭の片隅にでも、知っておいた方がいいこともあります。

 

 

今回は、パチンコ業界の規制強化についてのお話。

そして規制強化の結果、私達のパチンコライフにどういう影響が出てくるの?

っていう問題に触れる回です。

 

 

「小難しい話はいいから!」

 

「私たちの遊ぶ環境には、どう影響があるの??」

 

ぶっちゃけ、私達ユーザーが気になるのは、この一点!ですよね!笑

 

 

色々とややこしい話も出てくる回になりますが、

パチンコで勝つ・稼ぐなら、知っておいた方が良い予備知識となりますのでっ!

 

ぜひ!今回も最後まで、お付き合いくださいませ。

 

では、参りましょう!

 

パチンコ業界の規制って、何が起きているの?

 

現在進行形で、パチンコ業界に大きな変化が起きています。

(これ自体を特に覚える必要はありません。頭の片隅に置いておきましょう!)

 

・パチンコ、パチスロ台の 開発&設計 に関するルールの改定

・パチンコ屋さんにおけるイベントの禁止

・健全な遊技を推し進める運動の活発化

などなど。

 

 

で。

どうして、こんなにもパチンコ業界を規制するのかって、話なんですけれども。

 

表向きの理由は、ギャンブル依存症という社会問題への対応・対策。

裏の目的は、日本にカジノ設立のための下準備、といったところです。

 

詳しく掘り下げていくと、眠くなるような話になるので。

今回はお預け。興味のある方は、検索を

 

 

で、私達ユーザーがパチンコを楽しむうえで

大きな影響があるのが、先ほどの「3つの変化」です。

 

パチンコ、パチスロ台の 設計&製造 に関する「ルール」の改定

 

パチンコ台(いわゆる遊技機)は、設計・開発するメーカーがいて

設計された遊技台は「ルール」に則ったモノかどうかを「チェック」されます。

そうして、「チェック」を無事通過した遊技台が

公安(警察)の許可をもらって、

ホールに設置される。と。

 

私たちがパチンコで遊べる背景には、こういう流れがあるんですね。

 

この「ルール」に則ったものかどうかを「チェック」する「ルールブック」が

以前のものから、既に変わっています。

 

パチンコ台(遊技機)そのものを

機械設計するルールが変わっているということですね。

 

私たちにしてみれば、

以前とは、性能が違うパチンコしか打てなくなった。

これが1つ目の変化です。

 

 

パチンコ屋における「イベント」の禁止

 

この変化はお店のある場所や地域によって、大きく温度感の違いがあると思います。

共通しているのは、あんまり派手にイベントの打ち出しをすると

「ギャンブル依存問題を助長する!!」って、警察に怒られる時代になってきてます。

 

怒られるだけならいいんですけど。。

最悪の場合、パチンコ屋さんが営業停止に追い込まれる事態にもなるので。

パチンコ屋さんも、慎重に営業するようになっています。

 

つまり、

「お店のやる気」が 以前よりも 判別しにくくなった。

 

これが2つ目の変化です。

 

 

健全な遊技を推し進めるための運動の活発化

 

ある意味、この変化が一番厄介かもしれません。

 

これも、イベントの禁止同様に、パチンコ店のある場所や地域によって差がありますが

 

私たちの遊技スタイルにまで、ルールが干渉してくるケースが出てきています。

具体的には

・一部地域での等価営業の禁止

・1日当たりの貯玉の利用に上限を設ける

などの事例が出てきています。

 

「みんながギャンブルにのめり込み過ぎないように、もうハナから制限を加えちゃうよ☆(キラッ)」

 

こんな風に、パチンコの遊技環境も変わってきています。

 

これが、3つ目の大きな変化。

 

 

 

新ルールのパチンコ台 新基準機での勝ち方・攻略法

 

前置きがすごく長くなったよ!(^^;

 

さぁ!お待ちかね!

ここからが、基準機で勝つ方法を考える内容になります。

 

「パチンコ台の設計ルールが変わった」ことは、もう説明済みですね。^^

 

皆さんもお気づきの通り、今のパチンコ台は、連荘性能が変わりましたよね!

最高でも、確変の継続率は65%までなんていう。。

とんでもないルールになったもんです。。

 

ここで疑問なのが、これですよ。

 

新基準機は 古い台よりも勝てない、出なくなったのか。攻略法はないのか。

 

あなたはどう思います?

 

古い機械の頃の方が、勝てていた と思いますか??

 

理論上は、初あたりが軽くなった分、一撃の出玉が減るはずなんですよね!

でも、実際どうでしょう?

 

なんだか、MAX機のあったころと比べても

実際、そんなに投資金額は変わらないような…。。

 

2、3万円あっても、足らないとき、結構ありますよね?

(ボーダー理論派の方!そう思いませんか?)

 

しかも、出玉は減っているような…。。

 

そんな気がしますよね。(北斗7の単発引いた時とか。ね。)

アレ、隣の台で起きたりすると、目も当てられないですよね。。

 

 

 

まさに、新基準機のイメージは、こんなイメージなんじゃないでしょうか。。

 

 

この感覚について、ハッキリ言いますけれど。

 

それ、気のせいです。

 

POS(パチンコオンラインスクール)に所属して

学んでいる私からしてみれば、

それは、勝てない理由を「台のせい」にしているように感じます

 

ためしに、とあるパチンコ屋さんで

私が実践した新基準機の獲得出玉を見てみましょう。

表記 一撃 30,114発。。。。

こうやって見ると、新基準機も

なんか、出ちゃってますよね!

 

MAX機が稼働していた頃と比べても、別に劣っているようには見えません。

 

これが、新基準機の実態です。

勝てるチャンスは、新基準機に移り変わっても全然あります。

 

 

ちなみに私はPOS(パチンコオンラインスクール)での学びも用いて実践しています。

「勝つ方法」と「理論」が分かるので、

問題なく新基準機でも勝てるようになりました。

 

 

私のブログのタイトルにもある、ボーダー理論とか。新基準だからとか。

 

POSにはそんなの、関係ありません。

 

 

 

スロットにも使えますよ。

 

今日の収穫

実践台 ブラックラグーン3

投資 3,000円

回収 15,000円

収益 12,000円

 

「パチンコ」で勝てるようになりたい!

新基準機でも出したい!

 

POS(パチンコオンラインスクール)で学べば、それらを実現する実力が身に付きます。

ただし、POSで学ぶのは、受講料がかかります。

英会話スクールなどに通って自分の実力を上げるのに対価を払うのと一緒です。

POSも、自己投資ですからね。

 

どうしても、パチンコで「負ける人」から脱出したければ。。

私はPOSをオススメします。

 

ちなみに、そのPOSで学んでいる人たちの実践報告が、

毎日のように飛び交うコミュニティが存在します。

 

稼働報告グループ」というもので、私も所属していますよ!

 

興味があれば、ぜひLINEで聞いてくださいね。

一緒に、パチンコで勝てる実力を身に着けていきましょう!

友だち追加

 

では、今日はこの辺で。

ではまた!

 

↓画像タッチでホームに戻ります↓


にほんブログ村 パチンコブログへ