ボーダー理論で稼働し続けた結果 勝ち負けはどっちが多い?

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

閲覧ありがとうございます(゚▽゚)


このブログは、私と同じように

パチンコ台の台選び・立ち回りにおいてボーダー理論を参考にしているあなたへメッセージを発信していくブログです!

先に、結論から申し上げちゃうとボーダー理論を参考にしていた私は

今は綺麗さっぱり。参考にするのを辞めちゃいました(`・ω・´)

その結果、どうなったか。。

少しずつにはなりますが、ちょこちょこお話しさせてもらいやす〜。

ボーダー理論での収支

 

まずは、こちらをみてください。

これはボーダー理論を参考に、私がパチンコを打っていた頃のガチでリアルな収支表。

(みんなには、ナイショですよ笑。)

20台の頃に同僚の先輩に連れられて

始めてパチンコなるものに出会い。

それ以来、コツコツずっと、こまめにつけてきた収支表です。

2017年の稼働データから一部を抜粋したものになりますね。

 

とはいえ、

誰も。

私の。

収支の話なんぞ、興味ないと思うので。

 

…え、あるの?

またまた、ご冗談をw

 

でも、これを取り上げないと先に進めないので、申し訳ないんすけど、お付き合いくださいね。

サクッと、かいつまんで話します。なんだかんだ、勝てちゃっていたワケです。

 

じゃあ、いいじゃん。て思うよね!

私もそう思ってたよ!

 

でも、この話は、ただボーダー理論を参考にするのを辞めてああなった、こうなった

なんていう内容だけの話ではありません。

 

私と同じように、ボーダー理論を参考にしている事によって

「あなたにも起きているかもしれない」出来事に気づいて欲しいから。

だから、こうしてあなたに話しかけていますからね!

 

さて。

画像下の方にも記載があるんですが、

「先月までの繰り越し」額からわかるように、

マイナスの月はあれど

なんだかんだ年間では、プラス域で収支は推移していたわけです。

 

ただし、この頃は結構な勢いで

負債を増やしているのが分かりますね。

 

 

あなたも心当たりありませんか?

 

「ヘソもアタッカー付近もボーダー以上の台だから、タコ粘りしてみるか」と。

かくいう私もそうでした。

その結果がこれです。マイナスな時もあるんです。

 

下手くそなだけじゃんとか、理論を本当に分かってやってる?

なんてツッコミを言われるかもしれませんね。

 

でも、これは、皆さんとほとんど何ら変わらないごくごく一般人の私が

勝ちたい一心で藁にもすがる思いで、頼りにしていたボーダー理論を

「自分なりに」一生懸命勉強して。実践していた結果です。

長い時間をパチンコ遊戯に費やし、

ふたを開けてみれば、勝っていたり負けていたり。

勝つためにやっているはずなのに。

なかなか常勝とまではいかない。。。

 

挙句の果てには、一日のほとんどを

パチンコ屋さんで過ごし、

熱いリーチが来れば手に汗を握り、

演出が来なければ、ただただ携帯電話で

1000円ごとの回転数を記録する。

 

そして、負けた暁には、「台は悪くなかった。ヒキが悪いだけ。」

と満足げに振り返るわけです。

 

ボーダー理論の「もったいない」一面

あなたはどうですか?

ボーダー理論を参考にして稼働していると、さっきみたいな考えになりませんか?

 

というか、なりがちですよね?

 

でも、こうしてわたしのブログに折角いらしたのですから、ちょっと一緒に考えてみましょうよ!

 

違和感、感じませんか?

 

今日というこの日。パチンコ以外にも有意義に時間を過ごす選択肢はいっぱいあるはずなのに。

イベント日なのか平日なのかはなんでもいいですけど、パチンコ屋さんの展開する広告に魅せられ、気づけばパチンコ屋へ出稽古する日々。

そして長ーいながーーい時間を、ただたた椅子に座ってハンドル握って、たまーに携帯いじったりして。

そうやって暇を潰しながら、数字か収束するのをひたすらに待つ。。

 

もちろん、勝ってウキウキになることもあるでしょう。

 

お財布に厚みが出て、友達にご飯をおごったり、好きなものを買ったり。

 

でも、そんな経験、パチンコに足繁く通って月に何回あります?

 

ボーダー理論を参考にしてパチンコを打つということは

・ほぼ1日(!)長い時間、椅子に座ってじーっとしてるだけ

・投資したお金なんてどうでもいい

・たまたま結果か悪ければ「ヒキが悪い」だけ。これにて反省会は終了!

 

ボーダー理論を捨てた後の収支

 

話を戻しましょう。

こちらが、ボーダー理論を参考にするのを辞めた後の私の収支です。

とはいえ、またしても。

誰も。

私の。

収支の話には興味ないでしょうから。笑

 

要点を下記にまとめます。

投資額と回収額に注目して、辞める前後間で比較してみると、あからさまにはっきりとしているのが2点。

  1. ボーダーを根拠に執拗に追わなくなったことによる、投資額の減少。
  2. 収入額は相対的には微増(収入額の合計は前後でさほど変わらないが、投資額の低下も要因として起因。)

 

ただし、これ以外にも、下記の変化が起きています。

・投資額の減少による稼働時間の短縮

これはつまり、パチンコ屋さんに滞在している時間が減っているということになりますよね。

事実、その分、パチンコの他にも有意義に時間を過ごすことができるようになりました。

 

また、これはパチンコに費やす時間が減ったことによるもので、ボーダー理論を参考にするのを辞めたことに直接起因するものではありませんが

・以前よりも大切な人や家族と時間を過ごすようになった。

・新しい趣味にチャレンジしてみようと思うようになり、意欲的になった。

・休みの日にパチンコ以外で過ごすことも増え、自分を見つめなおすようになった。

体感で感じている、身の回りの変化だけでも、これだけの違いがでてきました。

実際には、もっともっと、たくさんの物事が変わっているかもしれません。

 

ボーダー理論を参考にするのを辞めちゃった理由

 

ボーダー理論を辞めちゃった前後での比較をしながら話を進めてきましたが、私が言いたいことは

「あなたもボーダー理論を一緒にやめちゃおうぜ!」

ということではありません。

 

えっ?違うの??

 

チガウヨ。

 

 

というのも、どっちかっていうと、ボーダー理論信者派だった私が

「その信念を辞めちゃった」ということですので。

わたしにだって色々と事情というか、色んな出来事を経験してきてこうなっちゃったわけです。

人生色々って言うじゃないですか〜(=´∀`)

 

次回の更新では、そのあたりのお話を交えて更新できればと思っています!

それじゃあ、今日はこの辺で。

ではまた。

 

↓画像タッチでホームに戻ります↓


にほんブログ村 パチンコブログへ